薄毛の症状・原因と対策・予防・治療法

薄毛になる原因と対策・予防・治療法をご紹介しています。あなたの薄毛進行度もチェックできます。

薄毛予防【正しいドライヤーのかけ方】

薄毛予防のためにはシャンプーだけでなくドライヤーのかけ方にも注意しなければいけません。

「ドライヤーのかけ方なんて適当でいいんじゃない?」と思っている方のために今回は薄毛予防のための正しいドライヤーのかけ方をご紹介します!

●正しいドライヤーのかけ方

「ドライヤーをすると髪が痛むから」とお風呂に入った後にドライヤーを使うのを嫌う方もいますがこれは間違いです。

髪を濡れたまま放っておくとキューティクルがはがれて髪がダメージを受けてしまいます。

またそれだけでなく、頭部が冷えることで血行が悪くなり、栄養が髪にまで行き渡らなくなってしまいます。

栄養が不足すると丈夫な髪の毛をつくることができず、どんどん髪の毛が抜けていってしまいます。乾かさずに放置しておく方が頭皮や髪には良くないのです。

「そうは言っても、ドライヤーを使ってもやっぱり髪は痛むでしょ?」

確かにドライヤーを使うと頭皮や髪にダメージを与えてしまいますが、正しくドライヤーをかければそのダメージを減らすことができます。


スポンサーリンク


「正しいドライヤーのかけ方って?」

まずドライヤーをかける前に髪の毛の水分をタオルで拭きとっておきます。タオルでゴシゴシ擦ると摩擦で髪が痛んでしまうのでタオルで挟み込むようにして拭きとると良いでしょう。

十分に水分をとることができたらドライヤーをかけます。ドライヤーをかけるときは設定温度を低くして、10~15㎝くらい髪から離しましょう。

ドライヤーは一箇所に集中的にかけるのではなく、こまめにかける箇所をずらしてください。「ちょっとまだ湿ってるかな」と感じるくらいのところでドライヤーをかけるのをやめましょう。

「どうして完全に乾く前にやめるの?」

ドライヤーで髪を完全に乾かしてしまうと頭皮がカサカサに乾燥してしまいます。少し水分がある方が頭皮が潤います。

ドライヤーのかけ方だけで簡単に薄毛予防をすることができます。あまり気にしたことがなかった、という方も今日から正しいドライヤーのかけ方を意識してみてはいかがでしょうか?

 - 薄毛

スポンサーリンク


薄毛対策マニュアル人気ランキング
■育毛の達人式Vol.2.2 自宅発毛法 2005年から現在まで既に1万名以上の方が購入 信頼と実績 自宅で簡単発毛法

【サイエ式】女性の育毛発毛プログラム

育毛の最終兵器(育毛・発毛・薄毛対策・若ハゲ)

もうハゲとは言わせない!薬物系育毛剤・シャンプーを使わない超育毛・発毛術『極楽育毛革命』メールサポート付き

 次へ
薄毛予防【適度な運動】

 前へ
薄毛予防【抜け毛の原因の一つストレスを解消する】



●他サイト人気記事

薄毛予防【正しいドライヤーのかけ方】

薄毛になる原因と対策・予防・治療法をご紹介しています。あなたの薄毛進行度もチェックできます。

Copyright© 薄毛の症状・原因と対策・予防・治療法 , 2015 All Rights Reserved.