薄毛の症状・原因と対策・予防・治療法

薄毛になる原因と対策・予防・治療法をご紹介しています。あなたの薄毛進行度もチェックできます。

脱毛症の種類【脂漏性脱毛症】

《 脂漏性脱毛症とは 》

脂漏性脱毛症とは、何らかの要因により頭皮から分泌される皮脂の量が過剰になったことで引き起こされる薄毛の症状です。

過剰分泌された皮脂は汚れとなって毛穴に詰まると、頭皮や毛根が炎症を起こし、抜け毛が増えて薄毛になってしまいます。

最近抜け毛が増えた人で、頭皮が脂っぽい・ベタベタするなどという症状があれば、脂漏性脱毛症の可能性があります。

脂漏性脱毛症は放っておくと薄毛の症状が進行し、ヘアサイクルが乱れて壮年性脱毛症に発展するほか、炎症が悪化し脂漏性皮膚炎を起こしたりします。

《 脂漏性脱毛症の原因 》

脂漏性脱毛症の原因となる皮脂の過剰分泌に関しては、内分泌異常と、過剰なヘアケアが原因となっています。

【内分泌異常】

皮脂の過剰分泌に関して最も有力な説は、男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』の過剰分泌を原因とする説です。

男性型脱毛症(AGA)の原因のひとつとも言われるDHTですが、皮脂腺を刺激する作用も持つと言われ、DHTの過剰分泌により刺激を受けた皮脂腺が巨大化し、多くの皮脂を放出していると考えられています。

【過度のヘアケア】

毛穴の皮脂汚れを除去するには、毎日のシャンプーによるヘアケアが必要です。


スポンサーリンク


しかし、洗浄力の強すぎるシャンプーを使うと、かえって皮脂が過剰に分泌される場合があります。

もともと、皮脂というのは頭部を保護する役割を担う物質で、頭皮にとって必要なことなのです。

そのため、シャンプーで必要な分の皮脂まで除去してしまうと、頭皮は大量に失われた頭皮を補うために、通常より過剰に皮脂を分泌するようになってしまいます。

《 脂漏性脱毛症の治療 》

脂漏性脱毛症を治療するには、もととなっている皮脂汚れを除去し、頭皮を清潔に保つと同時に、皮脂分泌量を正常値に戻す必要があります。

皮脂汚れの除去には、洗浄力が強すぎず頭皮にも刺激を与えないタイプのシャンプーを選んで使用すると効果的です。

特に、育毛用としての頭皮専用シャンプーは、毛穴の汚れを落としつつ必要な量の皮脂は残すという作りになっているものが多いため、薄毛と脂性肌が気になる人は使ってみると良いでしょう。

また、皮脂分泌量のコントロールに関しては、DHTが原因とされてるものには、抜け毛予防に特化した育毛剤の使用が効果的ですが、ストレスや食生活の乱れ などによる要素も内分泌異常に関与しているので、まずは日常生活の改善から取り組み、それでも効果がなければ育毛剤の使用を検討してみるのが得策と言えま す。

 - 脱毛症

スポンサーリンク


薄毛対策マニュアル人気ランキング
■育毛の達人式Vol.2.2 自宅発毛法 2005年から現在まで既に1万名以上の方が購入 信頼と実績 自宅で簡単発毛法

【サイエ式】女性の育毛発毛プログラム

育毛の最終兵器(育毛・発毛・薄毛対策・若ハゲ)

もうハゲとは言わせない!薬物系育毛剤・シャンプーを使わない超育毛・発毛術『極楽育毛革命』メールサポート付き

 次へ
脱毛症の種類【粃糖性脱毛症】

 前へ
脱毛症の種類【びまん性型脱毛症】



●他サイト人気記事

脱毛症の種類【脂漏性脱毛症】

薄毛になる原因と対策・予防・治療法をご紹介しています。あなたの薄毛進行度もチェックできます。

Copyright© 薄毛の症状・原因と対策・予防・治療法 , 2015 All Rights Reserved.